NBC長崎放送「Pint」番組内のレシピコーナーにて、丸協商品を使ったレシピを紹介します!

NBC長崎放送「Pint」放映のレシピを紹介!

      

【番組紹介】

NBC長崎放送テレビ 月曜~金曜 16:50~放映中の人気番組

県内のニュースをはじめ、最新のトレンドやグルメ、ショッピングなど、知りたい情報をお届けしています!

Pint公式サイトへ

豚ハラミときのこの塩焼きそば  ホルモンとちくわのトッポギ風  牛すじと厚揚げのネギだく煮

豚ハラミときのこの塩焼きそば

 

 ホルモンとちくわのトッポギ風

牛すじと厚揚げのネギだく煮

 

やわらか豚ハラミの月見丼  豚もつ煮込み 基本のもつ鍋 

やわらか豚ハラミの月見丼

 

定番 もつ煮込み

 

基本のもつ鍋

 

 野菜たっぷり豚タン塩

豚なんこつのコリコリ冷麺

 

牛ハラミのカラフルチンジャオロース 

 野菜たっぷり豚タン塩

 

和風チキンカツサンド 

 鶏皮のバンバンジー冷や奴

 

とんそくのとろとろ煮の

七夕そうめん 

和風チキンカツサンド 

 

 

豚ハラミの手巻き寿司

 

コリコリホルモンと野菜の

塩炒め 

 豚レバーの竜田揚げ

 

 

鶏砂肝の韓国風サラダ

 

ホルモンと春野菜の

レモン炒め

ハツとスナップエンドウの

ガーリック炒め

ローストビーフ寿司

 

新わかめとモツの

柚子こしょう和え

ホルモンたっぷり納豆チゲ

 

 

       納豆のネバネバや独特のにおいはなく、スープにコクが出ています!食感のアクセントにもなります。
 
     

①玉ねぎ、にんじん、ニラ、厚揚げは食べやすい大きさに切る。

 ごぼうはささがきにして水に放し、軽くアク抜きをしておく。

②鍋に水を入れ火にかけ、ニラ以外の野菜、厚揚げ、ホルモンを入れる。

③鍋に(A)を入れてフタをして中火で10〜15分煮込む。

④火が通ったら、納豆、ニラを入れて煮込む。

⑤卵を割り入れて、ひと煮立ちしたら完成。

▲ページの先頭へ



柚子こしょうの香りが引き立つ、さっぱりおつまみです。わかめと豚もつの食感の違いも楽しめます!

 

 
     

①新わかめは洗ってさっと茹で、色が変わったら氷水にさらす。

②(1)をよく絞って水気をとり、食べやすい大きさに切る。

③ボウルに添付の「ゆず酢だれ」と柚子こしょうを入れ混ぜ合わせ、わかめと豚酢もつを入れて和える。

▲ページの先頭へ

ローストビーフ寿司

 カラフルで見た目も楽しいお寿司!

トッピングのフレッシュ野菜はお好みの野菜でもOKです!

 
     

①炊飯器に研いだお米とミックスベジタブルを入れ、目盛より少なめの量の水を入れて炊く。

②紫玉ねぎをうすくスライスし、水にさらしておく。

③(1)が炊けたらボウルなどに移し、市販のドレッシングを入れ、うちわで仰ぎ粗熱をとりながら洋風酢飯をつくる。

④皿に(3)を盛り付け、上にローストビーフをのせる。

⑤ローストビーフの添付のドレッシングをかけ、水気を切った(2)、コーン、食べやすいサイズに切ったアボカド、かいわれを盛り付けて完成!

▲ページの先頭へ

ハツとスナップエンドウのガーリック炒め



豚ハツは歯切れがよくやわらかで食べやすいホルモンです。スナップエンドウとの食感の違いも楽しめます!

 
     

①スナップエンドウは洗って筋を取り、半分に切っておく。

②フライパンに添付のガーリックオイルを入れ中火で熱し、にんにくを入れて香りを出す。

③豚ハツと(1)を入れて炒め、塩こしょうで味を調える。

▲ページの先頭へ

ホルモンと春野菜のレモン炒め

 爽やかなレモンの風味が春にピッタリです!

甘酸っぱいタレは、ホルモンにも春野菜にもとっても合います!

 
     

①キャベツ、玉ねぎは食べやすい大きさに切っておく。

②レモンはくし切りを1つ切り、残りは炒めるようにいちょう切りにしておく。

③フライパンに油を引き、中火でたれ焼きホルモン、野菜、いちょう切りにしたレモンを入れて炒める。

④火が通ったら添付のタレをかけて仕上げる。

⑤皿に盛り、くし切りにしたレモンを添える。

▲ページの先頭へ

鶏砂肝の韓国風サラダ



材料を和えるだけの簡単パパっとメニュー!わさびの風味が香る、ちょっと大人の味わいのサラダです。

 
     

①レタスは洗ってひとくちサイズに手でちぎる。韓国のりもちぎっておく。

②ボウルに鶏砂肝、レタス、添付のわさびのりドレッシングを入れ、和える。

③器に盛り、(1)の韓国のりを散らす。ごまを振れば出来上がり。

▲ページの先頭へ

ホルモンと春野菜のレモン炒め

自分で好きな具を巻く楽しさ&みんな大好き焼肉で

テンションは上がること間違いなし!

     

①手巻き寿司の要領で巻く具材を準備する。

(きゅうりは細切り、人参は千切り、かいわれは根を落とし、レタスは洗ってちぎる。卵焼きはスティック状に切って皿に並べる。)

②味噌とコチジャンは混ぜ合わせて辛味噌をつくる。

③ご飯と海苔もそれぞれ皿などに準備しておく。

④フライパンに油を引き、うす切りの玉ねぎを並べ、その上に味噌ハラミ焼きをのせて蒸し焼きのように加熱する。ある程度火が通ったら炒め合わせる。

⑤海苔、ご飯、レタス、(4)、好きな具材を一緒に巻く。

※お好みで辛味噌も一緒にどうぞ!

▲ページの先頭へ

 

コリコリホルモンと野菜の塩炒め



食感が楽しめるセロリときゅうりを入れて炒めるだけの簡単ホルモンレシピを作りましょう!

 
     

①セロリは筋を取り、きゅうりは数カ所皮をむいて、ともに一口サイズの乱切りにする。

②フライパンにごま油を引いて熱し、中火でホルモンとセロリを炒める。

③(2)におろしにんにくを加えて炒め、最後にきゅうりを加え塩コショウで味を整える。

▲ページの先頭へ

豚レバーの竜田揚げ
   

添付の「ホルモンのたれ」を揉み込むから、面倒な味付けは不要です!いつもとちょっと違うレバーメニューはいかが?

  

①ボウルに豚レバーと添付のたれを入れて揉み込み、しばらく漬ける。

②軽くたれを拭き取り、片栗粉をまぶす。

③180℃の油でこんがり揚げる。

④ししとうはつまようじなどで数か所穴を開けて素揚げし、添える。

▲ページの先頭へ

 

鶏皮のバンバンジー冷や奴
     ピーナッツバターが隠し味の特製味噌だれで濃厚に!冷や奴との新しい組み合わせをお楽しみください。

 
     

①ボウルに鶏皮ボイルと添付の「ゆず酢だれ」を入れ和える。

②きゅうりは千切り、豆腐は水を切り、食べやすい大きさに切る。

③ボウルに(A)を入れてたれを作る。水は最後に少量ずつ加えてのばすように混ぜる。

④器に豆腐を盛り、上にきゅうり、鶏皮を盛り付ける。

⑤たれをかける。お好みでラー油をかける。

▲ページの先頭へ

 

とんそくのとろとろ煮の七夕そうめん

  冷やしそうめんと温かいにゅう麺タイプ。お好みの食べ方でお楽しみください。

 
     

①そうめんは表示通りに茹でたあと、流水でよく洗い、氷水で締めておく。

②オクラは産毛をとり軽く下茹でし、うす切りにする。

<冷たいそうめんの場合>

①とんそくのとろとろ煮をあらかじめ冷蔵庫で冷やしておく。袋から取り出し、お肉とジュレをフォークなどでほぐしておく。

②器にそうめんを盛り、とんそくのとろとろ煮を添え、オクラを散らす。ジュレ状のスープをかける。

<温かいにゅう麺の場合>

①鍋にとんそくのとろとろ煮(スープごと)、だしを入れ温める。

②器にそうめんを盛り、(1)のだしをかける。

③オクラを散らし、紅しょうがを添える。

▲ページの先頭へ

 

 

鶏皮のバンバンジー冷や奴

 

     

①らっきょう、しば漬け、ゆで卵はみじん切りにする。

②ボウルに(1)とマヨネーズ、酢、塩コショウを入れてよく混ぜ、和風のタルタルソースを作る。

③180℃の油で「梅しそ巻きササミカツ」を揚げる。縦に半分に切る。

④コッペパンに切り込みを入れ、大葉を乗せ、(2)を乗せ、(3)を乗せる。

▲ページの先頭へ

 

 

豚

 
     

①鍋に湯を沸かし、お湯を少し取り分けて麺を茹でる。
②器に添付のスープと(1)で取り分けたお湯を入れて混ぜ溶かし、水を足して200ccにする。
③麺は表示時間より少し長めに茹でて、氷水にとって締める。
④器に水気を切った麺、(2)を入れて、コチュジャンと酢味噌、豚なんこつ、細切りにしたきゅうり、キムチ、ゆで卵を乗せる。
⑤横に氷を浮かべ、かいわれ大根と糸唐辛子をあしらう。

▲ページの先頭へ

 

鶏皮のバンバンジー冷や奴

 

     

 

①牛ハラミと野菜は細切り、にんにくとしょうがはみじん切りにしておく。

②フライパンにサラダ油を引き、にんにく、しょうがを入れて熱し、香りがたったらお肉とじゃがいもを入れて炒める。

③お肉の色が変わったら、ピーマンとパプリカを加え炒める。

④ごま油を回しかける。

▲ページの先頭へ

豚タン塩

 
     

①ねぎ、きゅうり、なす、大根はみじん切りにして塩を振る。

②出た水気を軽く絞り、しょうが、にんにく、ごま油を加えて混ぜる。

③フライパンに油を熱し、豚タンを焼いて添付の塩コショウを振る。

④皿に焼きあがった(3)を並べ、(2)を乗せる。

⑤添付のレモン汁をかけ、かいわれ大根を散らし、くし切りにしたレモンを添える。

 

 ▲ページの先頭へ

やわらか豚ハラミの月見丼

   卵ととろろででまろやかな味わいに。しっかりと味が染み込んだお肉はやわらかく、

   どんどんお箸が進みます!

 

     

①フライパンに油を熱し、豚ハラミを焼く。

②酢水につけておいた山芋をすりおろす。

③どんぶりにご飯をよそい、(1)を中央を開けて盛り付ける。中央に(2)を流し、真ん中に卵黄を落とす。

④小ねぎを散らす。

 

▲ページの先頭へ 

豚もつ煮込み
    

 

コトコト煮込んでやわらかく、旨みがじんわり染み込んだもつ煮込みは、秋の晩酌にピッタリの一品です!

 
     

①玉ねぎはくし切り、大根と人参はいちょう切り、ごぼうはささがき、こんにゃくは一口大に切る。長ねぎは白い部分をみじん切りに、青い部分を小口切り(盛り付け用)にする。しょうがとにんにくはみじん切りにする。

②深い鍋にごま油と(A)を入れて火をつけ、香りが出るまで焦がさないようにじっくり炒める。

③ホルモン、野菜、こんにゃくを入れて軽く炒め、具材がつかる程度の水を入れる。

④沸騰したらアクを取りながら弱めの中火で30分煮込む。

⑤(B)を加えてさらに30~40分ほど弱火で煮込む。

⑥器に盛ってすりごまを振り、長ねぎをのせ、七味唐辛子を振る。

 ▲ページの先頭へ

 

基本のもつ鍋

      ポイントはアクを取ること、野菜を煮込みすぎないこと。野菜はシャキシャキ食感が少し残った方がおススメ!

 

 

 

     

①キャベツは食べやすい大きさに、ニラは5cm幅に切る。にんにくは薄切りに、タカノツメは輪切りにする。
②鍋にスープを入れ煮立てて、牛ホルモンを入れる。
③スープが沸騰してきたらアクをとる。
④キャベツを入れ、フタをして5分ほど煮る。
⑤ニラを入れ、にんにくとタカノツメを散らす。

 

 

 ▲ページの先頭へ

豚ハラミときのこの塩焼きそば

長ねぎの甘み、お肉の旨みが麺に絡んでおいしい!

お肉に味が付いているので、味付けも簡単!

 

 
     

①きのこは石づきを取り、食べやすい大きさに切る。長ねぎは青い部分を盛り付け用に少量小口切りにし、残りは斜め薄切りにする。

②フライパンにごま油を熱し、塩ハラミ焼きをサッと炒める。(1)を加えてさらに炒める。

③麺を入れ、ほぐすように炒める。

④お湯を少量加えて蓋をし、蒸し焼きにする。

⑤塩で味を整え、黒こしょうを挽く。皿に盛り付け、くし切りのレモンを添え、小口切りのねぎを盛り付ける。

 ▲ページの先頭へ

ホルモンとちくわのトッポギ風

甘辛い味付けがホルモンに合う!竹串で食べると本場・韓国屋台の気分を楽しめます!

辛さはお好みで調整してください。

 

 
     

①ししとうは3等分、ちくわは斜めに4等分に切る。

②フライパンに油を熱し、ホルモンとししとうを入れて炒める。

③ちくわを入れて炒める。

④コチュジャン、はちみつ、醤油、酒を加えて炒める。

⑤火が通ったらごま油を回しかける。

⑥器に盛り、ごまを振る。

 ▲ページの先頭へ


 

    

薬味のネギをたっぷり入れて、味のアクセントに!牛すじはとろとろ、厚揚げ、かぶはホクホクで体もぽかぽか温まりますよ!

 
     

①鍋に「牛すじのとろとろ煮」と水を入れ、中火で煮込む。

②食べやすい大きさに切った厚揚げを油抜きし、(1)に入れ煮込む。

③かぶは少し茎を残すようにしてくし切り、葉は刻み、電子レンジで600Wで1分加熱する。

④(3)を鍋に入れ煮込む。味が馴染んできたら器に盛り、小口切りにしたネギをふる。

⑤お好みで七味をかける。

 ▲ページの先頭へ

(C)Marukyo Shokusan Co.,Ltd. All Rights Reserved.